検索エンジンに登録するとアクセスの可能性が高まります。

社会に注目されているテーマの関連ページなど登録されているかを確認する方法があります。
「検索工ンジン未登録」は致命的な機会損失となります。検索エンジンが広く 利用されている現在では、検索結果を経由してホームページにアク セスする割合が、 非常に大きくなっていま す。
特に初めての訪問者は、 「とりあえず検索エンジンで調べてみたら、 このサイトが引っかかった」という流れで足を運ぶケースが多くあります。 もちろん、外部のホームページに貼 られた リンクなど、異なるルート で訪れる場合もあるでしょう 。
このことから、検索エンジンに登録されていると、新規アクセスの可能性がぐっと増える ことになります。逆に、もし登録されていなければ、それは致命的な機会の損失です。 検索エンジン に登録しているか否かは、アク セス数を天と 地ほどに変動さ せる重要な要素 と言えるで しょう 。SEOの外部対策のディレクトリ登録も東京SEOメーカーで代行できます。

SEO内部対策

内部対策とは、 SEOを行うWebサ イト の内部自体を改善し、検索エンジ ンにより高く評価 されるようなWeb
サイトにしていくという施策のことで ある 。たとえば、 Web サイ トをクロー ルしてくる検索エンジンがコンテンツ を正しく認識できる ように、 HT MLや CSS、Javascript などを 理解しやすく書きなおしたり、 Web サイトの階
層構造 (ティ レクトリ  )をわかりやすく整理し直したり外部リンクの見分けかたを見直したりすることが、代表
的な内部対策として挙げられる。こうした 内部対策を 十分に施 しておくこと によ って、 Web サイト が、検索エンジンからより高く評価され、検索結果ページの上位に表示されやすくなるのである 。
また、 ユーザーが検索エンジンでど のようなキーワー ドを検索して Web サイ トにアクセスしているかを確認す
ることも、内部対策を行ううえで欠か せない。キーワードを分析することによってターゲ ッ卜像をより明確にし、 そのターゲ ッ卜像に合わせて、 コンテ ンツの見直しを図った り、Webサイトの表示速度を高速化した り、デザイ
ンやレイアウト を最適化してユーザ一 体験を向上させたりすることで、サービスの成約率などをより効率的に改善 することができる。

SEO外部対策

外部対策とは、 一般的には、Web サイト に対する外部からの リンクを獲得する施策のことである。外部リンクは Web サイトの人気度 ・重要度を計る指標として、検索エンジンが注視している部分である。ただし、単純に外部
リンクを多数獲得すればよいというわけではない点に注意したい。
外部リンク至上主義では通用しない。かつてのGoogle は、検索結果ページにおける Web サイトの表示順位を
決定する指標として、外部リンクを非常に重く評価していた。そのため、古くから SEO を知っている人の一部に
は、「外部リンク至上主義」ともいえる SEO 施策を行う人も見られるほどである 。ここでいう外部リンク至上主義 とは 、Web サイトのコンテンツの改善や、検索ユザ に対する最適化などを考慮せずに、外部リンクの獲得に 特化して注力することで、 Web サイトの上位への表示を 目指すと いう方針のことである。