検索システムの進化に対応したSEO対策

グーグルは検索システムを矢継ぎ早に改善してゆき、クッキー技術の利用や無償配布しているGoogleChromeというブラウザ、スマートフォン用のアンドロイドOSなどあらゆる技術を用いてたくさんのユーザーが実際に見ているWebページをつきとめることができるようになりました。
それにより、たくさんのユーザーに見られているWebページ、Webサイトは、検索の上位に表示されるようになってきています。最近はその傾向がますます強くなっており、グーグルや、グーグルを公式検索エンジンとして採用してるヤフーの検索結果は、人気ランキングのようになってきています。
この事実は、私たちに「検索順位を上げるには、人気のあるサイトをつくらなくてはならない」という、SEO対策が生まれる以前の、アクセスアップ競争への参加を強いるようになっています。
自社のサイトにユーザーを集めるためには、アクセスアップ競争への参加は避けることができないのです。
確かに、広告予算をたくさん使って、自社サイトを検索結果の上の部分や右の部分に表示させる、検索キーワード連動広告(PPC広告またはスポンサー広告)を購入すれば、すぐにアクセスアップを実現できます。
しかし、その手法の最大のデメリットは、広告をクリックして自社にユーザーが訪れれば訪れるほど、お金がかかることです。
しかも、そのキーワードの入札単価はすべてオークション形式で決定されるため、ユーザーにクリックされやすい人気キーワードの価格は、上昇する傾向にあります。
こうした1クリックいくら、1アクセスいくらという広告による集客手法はフロー型のものであり、お金を払えば払うほど増えていきます。その反対に、お金を減らせば減らすほどアクセスも減り、支払いをやめればすぐさまアクセスも止まります。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です