隠しテキストとは?

「隠しテキスト」というのは古くからある SEOスパムの手口です。 古典的な技だと「背景色を白色にして文字も白色にする」という方法が ありますが、これはGoogle ロボットが自動的に判別するので効果がありません。それに代わって多く見られるSEOスパムの内のひとつが「display:none」を用いた隠し文字です。同様に「visibillity: hidden」を用いた隠しテキスト等があります。これらを用いると、指定したキーワードは実際にはブラウザ上には表示されませんが、ロボットにはH1タグで強調されて見えるのです。他にもスタイルシートで画面以外の座標を指定し、画面外に隠しテキストを設定する方法や、フレーム機能を使用したホームページの場合、フレーム枠となるホームページがブラウザに表示されないことを利用して、そこに隠しテキストを埋め込むなど様々な方法があります。その他にも、キーワード・スタッフィングと呼ばれる、画像のALT属性を利用した方法もあります。これは、小さな画像や無関係な画像のALT属性に無理やりキーワードを詰め込むことで、ロボットを騙そうというもので、なかにはALT属性が認められていないアンカータグにもむりやりALT属性を指定してキーワードを埋め込むなどのより悪質なものもあります。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です