モバイル端末とグーグル

 スマートフォンがこれだけ普及しているのですから、グーグルがモバイルに適したサイトを重視するのは当然と言えます。SEOもモバイルの画面上に表示されることを目指して構築することになります。モバイルフレンドリーと呼ばれる概念も人口に膾炙しましたが、自社のサイトがどれほど「フレンドリー」であるかを測るには、これまたグーグルのツールに頼る他ありません。テストツールは非常に優れた機能を具えており、判定してくれる項目が沢山あります。例えば、ビューポイントのサイズ、文字のサイズ、プラグイン等が細かくチェックされます。これらはモバイルのユーザーの使い勝手に影響するからです。そしてこのツールの判定の特徴は、ページごとにチェックする点にあります。チェックツールにありがちなのが、トップページのみの判定で済ませてしまうことですが、グーグルのモバイルフレンドリーテストツールの対象は、下層にも及びます。ですからSEOの対象は全ページということになるのです。

 グーグルはモバイルへの対応も重視していますが、そのサイトの安全性にも神経を尖らせています。危険なサイトを検索結果にランキングさせるわけにはいかないからです。一番簡単に安全性を測るには、SSL通信に対応しているかを調べます。グーグルも正式に、アルボリズムの対象であることを発表しているため、今ではメジャーな企業のサイトのほぼ全てがSSL通信に対応しています。実はSEOの技術者にとって常識となっているのは、SSL通信に対応させたからといって、極端にランキングがアップするわけではないということです。ひょっとすると他の施策の方が効率的に行えるのかもしれません。しかし他社がSSL通信を実装している中で、遅れを取るわけにもいかないでしょう。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です